シズカゲルのシワへの効果:成分解析で判明した実力とは

火曜日 , 16, 10月 2018 シズカゲルのシワへの効果:成分解析で判明した実力とは はコメントを受け付けていません。

美白ケアをメインに、シワ・肌荒れ・毛穴などに幅広くアプローチできるシズカゲル

多角的なケアを売りにしているので、シワへの効果が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしオールインワンというと、『1つ1つの効果が物足りなくなりがち』という問題を抱えていることも事実…。

シワやほうれい線に対して、どこまでの効果が見込めるのでしょうか…。

 

 

シズカゲルの効果が期待できる2種類のシワ

シワにも小シワ・真皮ジワ・表情ジワなどの種類があり、それぞれ・・・

  • 小じわ:目元などにでき、乾燥が主な原因
  • 真皮シワ:肌の弾力成分が不足したことが原因(たるみによるもの)
  • 表情ジワ:笑ったりする表情のクセが現れたもの

このような原因があります。

この中で、シズカゲルに期待できるのは上の2つ、小じわと真皮シワです。

 

小じわ

小じわの原因は乾燥です。

シズカゲルの保湿成分を見ると、元々人間の角質に存在している成分が配合されています。
(セラミド・スクワラン・オレイン酸など)

角質層のレベルをしっかり保湿してくれるので、小じわへの効果が期待できます。

※どれも肌なじみが良い成分なので、浸透しやすいのも特徴です。

 

真皮シワ

このタイプのシミの原因は、年齢によりコラーゲンなどの弾力成分が減少してしまったことによる、肌のたるみです。

つまり、エイジングケアが大切ということです。

シズカゲルには、フラバンジェノールという成分が配合されていて、この成分は真皮層にあるコラーゲンの破壊を防いだり、生成を促す作用があります。

またビタミンC誘導体も配合されていて、こちらもコラーゲンの生成を促す作用があります。

お肌のハリを維持してくれる成分もしっかりと配合されているので、真皮シワへの効果にも期待できるという事です。

※ほうれい線は、この真皮シワに相当します。

 

 

表情シワへの効果は期待できない?

表情ジワの原因は、『表情のクセ』です。

もちろん、乾燥や肌のたるみがシワを助長していることもありますが、根本的な解決には、そのクセに気付いて修正していくことが大切です

鏡などで笑顔や普段の表情を確認しながら、少しずつ気にしていくのが一番かと思います。

 

 


繰り返しになりますが、シズカゲルは多角的なケアを売りにしています。

何より抗シワ効能評価試験済みということで、シワ予防に効果があるということがテストにより確かめられていることが、信頼できる一番のポイントと言えるでしょう。

興味がある方は、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

【関連記事】